クレームはなぜ起きる 片方が悪いわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜は友達と久しぶりに飲みに行き
少々二日酔いです

家で飲むのをやめ
もう2年がすぎます

理由はしっかりご飯を食べるためと
飲むとブログ書けないから(^^;)

 

尾道駅前の甘味処
尾道さくら茶屋と尾道大判焼きさくら
店主リンダです(^O^)/





20歳のころから
仕事終わって家に帰ると
まずビールを飲んでた男がやめた!!




やめてよかったのは
朝起きるのが辛くなくなった

少し早く起きて
出勤前に時間が出来
時間を有効利用出来るようになった

一か月のビール代がかなり浮いた



飲むと眠くなるのでいつも
寝落ちしてたのがなくなった



夕飯に白飯を食べるようになり
体重が増えた



いい事ばかりです♬




お酒は好きだけど
量をあまり飲めなく
外に出て飲みに行くことは少ない方です




でも飲みに行き
気の合う仲間とおしゃべりするのは好きです






少し話は変わり
お酒が入ると変わる人っていますよね(^^;)



私は飲むと少し下ネタが入る(笑)



みなさんはどうですか?


やはり飲みの席では
楽しくやりたいですよね~


急に怒り出し絡む人・・・


もう台無しです



そんな方はもう次誘われないでしょう




気分よく飲みたいのに
ずっと会社の愚痴を言い続ける人


あまり誘いたくないですよね(^^;)




自慢話ばかりして
人の話聞かずしゃべり続けてる人


これも迷惑ですよね


過去の自慢話する人は
現在うまく行ってない人が多い(笑)




私は同じ趣味の人が集まり
そのことで話し
終始笑顔で過ごせる飲み会が好きです




過去の自慢話は好きではありませんが
過去の失敗談を話してくれる人

こういう方は現在うまく行ってる人ですね




飲み会に行くと
普段ではわからないその人の事が
よく見えたりするものです




人間観察おもしろいです





飲み会の店も観察します



なぜ人気なのか?


料理がうまいから?


接客がいいから?


トイレが綺麗だから?


景色がいいから?




色々あると思うのですが
それを観察するのも面白いですよ~



昨日行った店は
人気店で予約もなかなか取れないのですが
ラッキーなことに取れました




大人3人と子供(2歳)の4名
個室だから他のお客様に
迷惑かけないだろうと選んだのですが


やんちゃで好奇心旺盛の2歳児は
じっとしてられません


ふすまを開け隣を覗いたり
通路に出たり

注意して見てるのですが
目を離したすきに(^^;)



結局店長さんに怒られました

「ちゃんとお子様を見ててください!!」って


かなりのご立腹ww



盛り上がって楽しかった飲み会
一気にテンションダウン↓↓




なんでも昨日行った店は
子供連れを嫌うお店だったみたいです(^^;)

ちゃんと調べて行けばよかったなぁ・・・




お店の方
ほんとごめんなさい


ゴキブリキャップ
集めてごめんなさい(^^;)




小さなお子様連れの方は
事前に電話で
大丈夫かどうか確認したほうがいいかもです


お母さんもたまには友達とご飯食べたり
飲みに行きたいよね~♬


気兼ねなしで行ける店
みつけておく事大事です


 

子供は予想しない行動をします
いくら気を付けてても
お店の方や
周りの方に迷惑かけちゃうものです


お客様も
お店側もそれぞれの立場を理解したうえで
気持ちよく利用したいものです




クレームって
お店側、お客様どちらが一方的に悪いわけではなく
お互いの主張が通らない
知らないから起こるのです



今回のお店は
入口に幼児連れの方はご遠慮願います
張り紙するか

予約の際にそれを伝えておけばよかったのです



クレームにならない
予防策を考えないといけないですね




うちも先日
かき氷が大きすぎて食べれないから
二人で食べようとひとつ注文したら
ワンオーダー制だと言われ
諦めたと低評価いただきました(^^;)



これもお客様が悪いのではなく
お店側がきちんと
わかりやすく説明してたら起きなかった事です



「席についてお召し上がりの場合
おひとり様ワンオーダーとなってます
しかし何かドリンクひとつでも頼んでいただけると
1つの商品分けて食べる事出来ますよ」



そう表示しとけば
低評価もらう事なかったかもしれません(^^;)




常識って
人それぞれ違うものです
あなたの常識が正しいとは限らないものです




さくら茶屋は店内狭く
ベビーカーのまま
召し上がっていただく事が出来ません

それを入口に提示したところ
入店前からたたんで
入ってくださるお客様が増えました♬


前までは
それを伝えると
怒って帰るお客様が多かったんです(^^;)



張り紙ばかりになるかもしれない今の時代
しかしお店側の意向
しっかり出さないといけないのかもね



昨日は久しぶりに
開店前からお待ちが出来ました


まだまだ前の尾道にはほど遠いですが
少しですが観光客が戻ってるように感じました






今日お伝えしたいことは以上です







いつもブログ訪問ありがとうございます
今日はこれでおしまい!!

今日も最後まで読んで下さりありがとうございます
これを読んでくれた人全員が
明日も笑顔の花が咲きますように

 

プロフィール

1969年7月生まれ
高校卒業後
父親の影響で日本料理の道に進むが挫折、
次に小さいころから甘いものが好きだったせいもあり
大阪で見つけた甘味処で修業する

23歳の時広島そごう店の店長となり
13年間務める


33歳の時
美ノ郷町三成に甘味喫茶さくら茶屋オープン
(現在は閉店)
同時に有限会社さくら設立

42歳の時
尾道駅前にテイクアウトメインのカフェ
甘味処尾道さくら茶屋を出店



48歳の時
さくら茶屋から大判焼きを切り離し
大判焼き専門店
尾道大判焼きさくらを出店




甘味でたくさんの人を笑顔に出来たらと
日々奮闘中!!


夢は情熱大陸出演
尾道土産として看板メニューの
“とろけるわらび餅”を定着させること



このエントリーをはてなブックマークに追加


さくら茶屋のWebサイトとSNSも応援してね♪


記事の感想・ご意見をお寄せください!!