団子は店内で食べるのが一番うまい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほら!あれよ
あれに出てたあの人!
あのCMに出てたやつよ!

・・・・


まったくわからない男

 

尾道駅前の甘味処
尾道さくら茶屋の店主リンダです(^O^)/




名前が出てこなくなった事に
驚きを隠せません(笑)




特に芸能人の名前出てこなくなりました(^^;)






話しは変わり
最近大判焼きを抜く勢いで出てるのが団子です




昨年値上げさせてもらったのに
以前よりよく出ています





さくら茶屋は団子が一番うまい!!


そう言ってくれるお客様もたくさんいます




さくら茶屋の団子は
米粉100%の昔ながらの団子です


今ほとんどが
米粉じゃなく餅米に砂糖を入れ
固くならなくした加工された団子が主流です




さくら茶屋は本日中にお召し上がりいただかないと
次の日には固くなって食べれません(^^;)




開店当初
加工団子を仕入れ使ってたんですが
砂糖が中に入ってるため
みたらしのタレ、餡子の甘さを調節するのが難しく
今の米粉100%の団子にしたんです
(名古屋の団子屋さんから仕入れてます)




店内では焼き立ての団子を
お召し上がりいただく事が出来ます





ガスの直火で表面をカリッと焼き
焦げ目をつけ焼き上げます





この焼いた団子に
自家製のタレにくぐらせ、餡子をのせます




今日はその一部をご紹介します




大判焼き、わらび餅は
自宅で食べても美味しいのですが
団子だけは店で食べるのと
自宅で持って帰って食べるのでは雲泥の差です




なので団子は
出来るだけ1本からでもいいので
さくら茶屋店内、
もしくは買ってすぐ熱いうちに食べてください

















 

焼き立ての団子を食べれる店が少ないので
注文してくれたお客様の




「やば!!」




「うまっ!!」




「やばた~~ん♡」





感動されてます







団子は出来るだけ
持ち帰りじゃなく店内で召し上がって欲しいと思います




お取り寄せに団子がないのはそのせいです(^^;)








 

現在10種類


こんな感じで焼いてます




大判焼きが2月末でさくら茶屋から消えます


そうなったら団子はわらび餅に並ぶ
人気商品になることは間違いないでしょう





もう一度言います




団子は店内で食べるのが一番うまい






今日お伝えしたいことは以上です





これを読んでくれた全員が
明日も笑顔の花、満開に咲きますように

いつもブログ訪問ありがとうございます

今日はこれでおしまい!!


 

今日も最後まで読んで下さりありがとうございます
プロフィール

1969年7月生まれ
高校卒業後
父親の影響で日本料理の道に進むが挫折、
次に小さいころから甘いものが好きだったせいもあり
大阪で見つけた甘味処で修業する

23歳の時広島そごう店の店長となり
13年間務める


33歳の時
美ノ郷町三成に甘味喫茶さくら茶屋オープン
(現在は閉店)
同時に有限会社さくら設立

甘味でたくさんの人を笑顔に出来たらと
日々奮闘中!!


夢は情熱大陸出演
尾道土産として看板メニューの
“とろけるわらび餅”を定着させること



”甘味処 尾道さくら茶屋 尾道駅前店”

〒722-0036
広島県尾道市東御所町3-3
0848-23-5107
営業時間 11時~19時
定休日  月曜日(祝日の場合営業)

 

 

ほっと一息つける空間 尾道さくら茶屋

公式ホームページ
http://warabimochi-onomichi-sakurachaya.jp/

 
とろける笑美餅(わらびもち)と
大判焼きの通販サイト
http://www.sakurachaya.org/

 
とろける笑美餅(わらびもち)の尾道さくら茶屋
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/sakurachaya.d.j

さくら茶屋YouTube動画
http://www.youtube.com/channel/UC3foTlpM_y8gDuXfhXjYJDg

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

さくら茶屋のWebサイトとSNSも応援してね♪




記事の感想・ご意見をお寄せください!!